埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
メールでのお問い合わせはこちら。TEL:048-671-4646(電話受付時間:9時~18時 日曜日除く)
埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
電話番号0486714646
お問い合わせ

長く入居してもらうための とっておき!アフターフォロー

長く入居してもらうためのとっておき!アフターフォロー

クレーム対応はスピーディー、かつ確実に!

リメイクスタジオのこのコラムもなんと10話目に突入しました!

これまで、空室を減らすために、そしていい入居者さんに入ってもらうために、ネット検索にひっかかりやすい情報の出し方やお部屋のリフォーム方法などをたくさんご提案してきました。

オーナー様の物件、空室は減っていますか?
オーナー様にとっていい入居者さんに入ってもらえましたか?


これらが解決に向かったら、次はいよいよ入居者さんに長く長~く住んでいただくことを考えなければなりません。その理由は、オーナー様であればご存じでしょう。

  1. 入居者さんが短期間で次々に入れ替われば、その分、リフォーム費用や修繕費用がかさむから
  2. 入れ替えのたびに家賃を下げなければ、次の入居者が見つかりにくくなる可能性があるから

入居者の入れ替えが激しくなると、賃貸経営の先行きに暗雲が立ち込めはじめます。
やっぱり、いい入居者さんに長く住んでもらうことが、経営を黒字化するためにも重要です。

では、入居者さんはライフスタイルの変化といった理由以外、どんな理由で引っ越しをしているのでしょうか?それは、"物件に対する不満"にほかなりません。

たとえば、隣近所に対する不満。

  • 上の階や隣に住んでいる人の物音がうるさい
  • なんか怪しい人がいる
  • ベランダにゴミをためている入居者がいる
  • 設備の不具合に対する不満

そして、管理会社やオーナー様が入居者からのこういったクレームにすぐに対応しなければ、不満はどんどん大きくなっていきます。

本来はクレームが起きないような物件作りがベストですが、それでも多少のトラブルは仕方ありません。そこで、重要なことがクレーム対応の早さ。きちんと確実に対応すれば、入居者の不満は解消され、安心して住める物件として長く住む要素となりうるのです。
また、何か起きたときに管理会社やオーナー様に入居者さんが"言いやすい"環境を作ることも大切です。

たとえば、オーナー様ご自身がまめに物件の掃除に行って、入居者さんと顔を合わせやすい機会を作る。顔を合わせたときに、「何か困ったことはありませんか」と声をかけることで、ちょっとした設備の不具合なども入居者さんは話しやすくなるでしょう。

しかし、これからの賃貸経営、このような素早いクレーム対応は当たり前!
入居者さんに長く住んでもらうための秘訣はもっとほかにもあるのです!

更新時のオプションサービスで入居者と長いおつき合い

その秘訣が、「更新時のオプションサービス」です。
更新料を払って住み続けてくださる入居者さんです。家賃の値下げ交渉もしてこない入居者さんであれば、オーナー様にとっては神様のような存在です。
ですから、更新時に入居者さんが喜ぶ次のようなサービスをお贈りしてみてはどうでしょうか。

  • 壁紙の張り替えや水回りの修繕
  • 換気扇やエアコンのお掃除
  • 商品券
  • 遊園地のチケット

サービスを贈る際には、家族構成や地域特性、ライフスタイル、さらに入居年数を加味して内容や金額を考えると良いでしょう。

もちろん、引っ越すことが決まってからサービスを伝えても、時すでに遅し、です。
サービスがあることは、更新が近い入居者さんに早めに伝えるか、契約時にあらかじめお知らせしておきましょう。


こういったサービスは、入居者さんとの関係を円滑にする手立てにもなりますし、修繕や清掃のサービスをすれば室内に入って状況を確認することもできます。

オプションサービスはオーナー様にとっても大きなメリットとなるはずです。
また、退去の際には、退去理由をアンケートなどで聞いておくことも忘れないようにしましょう。

オーナー様が気づいていなかった不満があった場合には、今後の賃貸経営に生かすことができるからです。賃貸経営もこれからは"サービス業"。
この意識を強く持って、入居者の入れ替えの少ない物件作りをめざしましょう。


「物件を維持するための外壁塗装やリフォーム工事、費用はどのくらい?」。

~コストは抑えても、物件のお手入れはしっかりやらなくてはいけません~

資料請求はこちら お問い合わせはこちら

資料請求はこちら

お問い合わせ電話番号
メールお問い合わせ

このページのTOPへ