埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
メールでのお問い合わせはこちら。TEL:048-671-4646(電話受付時間:9時~18時 日曜日除く)
埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
電話番号0486714646
お問い合わせ

トピックス

事務員さん♡・クロス・多能工職人の正社員を募集しています!

2017年3月6日

このたび新しい仲間を募集する事になりました!!

 

 

今回は!!事務員さんとして

建築業界経験者

工務店やリフォーム会社

勤務経験有りの

女性の方を募集しています。

小さなお子さんが居る方でも大歓迎!!

子供が学校や幼稚園に行っている間だけの数時間勤務でも大歓迎!!

資格は持ってるけど経験があまり。。。という方でも大歓迎!!

ブランクがあっても大丈夫!!

不安なことは何でも私に相談して下さい。

弊社はとにかく女性が働き易い職場ですから、安心して面接にいらしてくださいね♡

 

 

 

順次面接をし、予定人数になり次第終了とさせて頂きますので早めのご連絡をお願い致します。

 

求人内容

事務員さん♡

施工管理者 クロス職人 多能工職人

◎ 事務パートさん

経験者時給900円〜 数時間勤務OK

※建築士免許あれば尚可

※経験や資格・能力考慮します。

 

◎ その他 経験者(二年以上) 25万〜 ※経験や能力考慮します。

今回は即戦力を求めていますので、経験豊富な職人さんの方は年齢を問いません!!

経験者の方は給与の変動はありませんが、3ヶ月の試用期間はあります!

3ヶ月間でリメイクスタジオでやってけるかどうか見極めて頂く期間です。

 

◎ 年齢不問  シニアの方から若者まで幅広く活躍できる業界です!

◎ 要免許

◎ 待遇 車通勤OK・ガソリン代規定内支給・昇給有・雇用、労災保険・社会保険・食事会・レクレーションなど社内交流にも力を入れています。

 

ホームページを見て頂ければリメイクスタジオのすべてがわかるようになっておりますので、隅々までみて下さいね!

 

 

会社所在地

埼玉県さいたま市見沼区蓮沼1508

048−671−4646

とってもきれいな事務員さんが電話に出ますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後、随時面接という流れになります。

 

 

 

 

働き方って会社によって職種によって色々あっていい❤️

2017年8月13日

仕事の合間に娘っちとランチ。

起業して良かったことは、最近気付いたのだけど(笑)

自分の自由にスケジュールが組めること!
本当は組めてたこと。

職人をやっていた頃は元請けさんのスケジュールに合わせることしか出来なくて、
仕事を断ることも出来なくて、
というか断っちゃいけないと思ってた。

断ると切られる。
仕事が貰えなくなる。

常にこの不安がつきまとっていました。

だけど、あることをきっかけに
まぁある事とは、従業員さんに労働基準監督署に訴えられたことなんだけど。

働き方を変えなければみんなが不幸になる!って気付かされて、

それからは無理な要求は断る!、無理な要求をしてくる元請けさんとはお付き合いはしない!と決意したんです。

設定変更を知る前の私を振り返っても
やっぱり決めたなら、私の世界は変わっていたんだなぁって思いました。

それから本当に私の働く環境は変わりました。

好きな時にこうやって子供と出かけたり
ちょっとした合間に学校行事に参加したり

ママ友はいないし、学校関係の行事にも積極的に関わったりはしてないけど(笑)

気が向いたときは、子供のことを優先したりできるのって働くママにとっては本当にありがたい環境だと思います。

だからこそ、うちの女性スタッフには、家庭や子供のことと仕事がうまくまわるように自由にスケジュールを組んで働いてもらってます。

仕事を抜けて子供を病院に連れて行くのも
授業参観に行くのも
プライベートの用事を済ませるのも
自宅にパソコンを持ち帰って仕事することも

本人が責任持って仕事を進めているのであれば
私は何でもありです。

働き方って職種に合わせて、
会社に合わせて、
色々なカタチがあっていい!

と私は思います。

従業員さん達と海❤︎からの突然の宿泊(笑)

2017年7月20日

昨日はね、会社従業員を数人連れて海に行って来ました〜!!

朝7時に集合して、茨城の大洗までブーンと車で2時間。

到着しました!!
大洗サンビーチ海水浴場!!

人…

少なー

さっそく、おじさんと若者たちはキャッキャラブラブキャッキャラブラブ言いながら海へと入って行きました(笑)

私は海には一歩も入らず
海の家で呑んだくれ(笑)

こちらのおじさんは(笑)

めちゃイケの油谷さんばりにサンオイルを身体に振りかけ、全身テカテカ!!

見えます??
テッカテカなの

ちなみにこちらが油谷さん(笑)

うちの従業員のおじさん(笑)

あっしつこい??

この方が、今回の海を1番楽しんでたんじゃないでしょうか(笑)

また、久しぶりにビーチバレーをしました!

よーく見てください。

また、おじさんが張り切ってボール持ってますから(笑)

私は久しぶりにバレーボール触ったら、
腕が痛くてアザになりました。

きっと全身も筋肉痛になる予感…

そして、日帰りのはずが
得意の突然お泊まりコースに。

その場で宿を探しましたよ。
意外と空いてるもんなんですよねー

ホテルはどこまでも続くオーシャンビュー❤️

急な団体客にも関わらず宴会場を用意してくださって、みんなで楽しく食事をすることができました。
ご対応いただきありがとうございます。

この宴会のあとは、
みんなでスナックに行き
カラオケ大会で盛り上がりました(笑)

いやーー
楽しかった❤️

お部屋から見えるだんだんと夜が明ける瞬間が、とてもとても幻想的で吸い込まれていきそうな感覚になりました。

どこまでもどこまでも海

朝焼けを堪能したあとは、今日は皆さんの仕事なので埼玉に戻りましたよ(笑)

私も今、八戸へ向かっております。

若い人が職人になりたがらないのは繁栄してない未来が見えるから

2017年5月6日

ゴールデンウィーク最後の日!
ただいま名古屋から新幹線で東京に向かっております。

私の会社では、たくさんの従業員さんや職人さんが入れ替わり立ち替わりしていますが、一から未経験者に仕事のやり方を教えたりすることもあります。

また、経験があっても会社が変わればその会社のやり方というものが当然あるなかで、うちのやり方や方針を根気よく伝え続けてこれたのは、自分に子育ての経験があったからこそだと思っています。

作業の説明をしたり、実際にやってみせたり、チョット教えたら見守って任せてみたり。

そして、失敗してもまたやり直せばいい!!って思えたのは子供たちと関わる中で自分も子供の頃はそうだったよなーって純粋に思ったから。

たくさん失敗したよなーって。

だって、しょうがないじゃん!!
みんな最初は初めてなんだから!って思います。

だから、男性社会と言われる職人業界の昔からあるしきたりのような、仕事は見て覚えろ!的な考え方が私には理解できなくて戸惑ったのを覚えています。

すごく違和感でしかなかったです。

だってさ、それはある程度基本を学んでからの話でしょ?って私は思うから。

やっぱ最初の基礎はきちんと学んだほうが、成長も絶対早いと私は子供に実際にそうしてきて感じたし、自分の知識や経験して身に付けた技術をさっさと教えちゃったほうがやっぱり上達も早かったです。

俺はこの技術を習得するのに何年かかったとおもってるんだ!!

だからまだお前には早い!

俺らの時代は教えてもらえなかったから、自分で見て覚えたんだ!

だから、お前もそうしろ!

的な古い習わし…
なんかそれ意味あんの?って思います。

だってさ、それ目的見失ってませんか?

自分たちが大変だった時代のやり方をわざわざ教えることが目的ですか?

自分たちが経験してきたことをそのまま教えることが目的なんですか?

違いますよね!!

本来の目的は、

自分たちが学んで習得した素晴らしい技術を若い世代に伝えて、これからのものづくりに活かしてもらうことが目的だと思うんですよ。

職人さんが持ってる素晴らしい技術を継承していくことが、本来の目的だと私は思います。

もっと細かく言えば、私の業界で言うと、
一つのリフォーム現場を完成させることが目的だし!

会社に属しているならば、
新しく入社してきた人たちに仕事を教えるのは先輩の役目ですよね。

そうすることで、
自分自身がまた新しいことに挑戦できて、次のステージへ進むことができるんだと思います。

これが繁栄の感覚です。

だから、チョット教えればできることなら教えて、やってもらったほうが断然イイじゃないですか!!

子供に、早く身の廻りのことを自分でできるようになってもらったほうがお母さんが楽できるのと一緒だから。

ちゃんと教えもしないで、出来ないことを馬鹿にするのは私は違うと思う!

どうして、私がこうゆうことを言うかというと。

多いんですよ…

こうゆう職人さんや男性が

本当に多い…

自分さえ仕事ができてればそれでいい
自分が1番すごいと思われたい
だから若い人を育てようとしない
あんまり育てるって言葉は好きじゃないけど

私たちの業界が一人親方が多いのは、上記のような感覚があるからだと私は思います。

だから全く繁栄していかない

技術は途絶え
職人は減る一方

若い人が職人になりたがらないのは、繁栄してない未来が見えるから。

私はそこにとっても危機感を感じた!!

リメイクスタジオが社員として職人さんを抱えるのは、職人さんの素晴らしさを知ってもらいたいから。

若い世代の人たちに、
職人になりたい!!って思って欲しいから。

そして、おじいちゃん職人さんたちの素晴らしい技術を後世に残したいから。

さらに、日本だけじゃなくて世界にも職人さんたちの素晴らしい技術を知って欲しい!!

と思っています。

フィリピンの子達が大工さんの試験を受けるために練習中。

中野に集結❤️一夜限りのファンタジスタ達

2017年4月14日

事件発生時刻13時

中野区のとあるアパートに入居が決まったので、不動産会社の方が確認にきたところ
お部屋のリフォームが全く終わってないという事実が発覚!!(笑)

しかも明後日にお引越しされるとのこと…

そして今日中に壁紙を80平米張り替えて、クリーニングまで終わらせなきゃいけない!!!

おー(笑)

がしかし、ここからのうちのスタッフと職人さんの神対応が半端ない😆😆⭐️⭐️

事務員さんは即座にクロス屋さんとクリーニング屋さんに何社も電話をかけ、今日、今から中野まで行けますか??と交渉開始し、何と20分もかからず手配完了!!

事務員さんもすごいけど💕💕
職人さんも本当にすごい💕💕

行けます?普通
今から今日中に80平米のクロス貼ってーと言われて

行けます?普通
今からクロス終わったらクリーニングしてーって言われて

なのにみなさん、嫌な顔一つせずニコニコ素早く動いてくれる😊

本当に感動😭😭😭

皆んなかっこよ過ぎ❤️❤️❤️

今日、中野に一夜限りのファンタジスタ達が集結します(笑)

リメイクスタジオの仲間たち最高です⭐️⭐️

みんなのおかげで黒字スタートがきれました❤

2017年2月25日

12月から新しい期がスタートし、黒字出すことだけを考えて皆んなで頑張ってきました!

社員さんや職人さんたちにはかなりの無理をお願いし、不平不満も絶対あるはずなのに、それでも協力をしてもらえて、なんとか12月は黒字スタートを切ることができました♡

さらに、1月、2月、3月と目標売上に近い売上を見込むこともできて、本当に本当にありがとうの言葉と感謝の気持ちでいっぱいです!

こんな日がこんなに早くくるとは(涙)
みんながいなかったら、この成果は絶対に出てないです。
私たちの至らなさを社員さんたちが、たくさんフォローしてくれて、率先して動いてくれたからだと思っています。
みんなは、本当に凄いなぁと尊敬します!

こんなにも素敵な社員さんに囲まれて、私はとっても幸せものです♡

なかなか直接言うのは恥ずかいけど、なるべくちゃんと伝えるから、今日はこの場を借りて言わせください。

みんなーありがとう♡大好きだぁ!!
だから私も社長として会社がもっともっと利益が出せるように頑張るから、みんなで豊かになろうねー♡♡

厚生労働省の政策❤️技能実習制度とは?

2017年2月17日

フィリピンからやってきた従業員さんが、
3月に大工の技能試験を受けます。

彼らは厚生労働省がおこなう政策の
一つである、技能実習制度を利用して
日本へやってきました。

技能実習制度とは、
国際貢献のために開発途上国の
外国人などを最長3年間に限り受け入れ、
技術などを学び持ち帰る制度です。

彼らは家族の為に
日本に仕事をしに来ています。
二人ともとーってもまじめで礼儀正しく、
素直な子たちです。
だから職人さんたちに
とても可愛がってもらっています❤

日本の若者が職人離れをしている中で、
小さな会社を支える立派な職人さんに
なってくれることを期待しています❤️❤

こんな人とは仕事したくない!嫌いを明確にしてみました❤

2017年2月14日

今月もやりましたよ❤
満月メラメラワーク

手放したいことを書き、
プティラドゥのメモリーオイルをふりかけて
ボワっと燃やしましたー

私が手放したいのは

付き合いたくない人と付き合う自分
皆んなにいい顔する自分
嫌なことを嫌とはっきり言えない自分

会社を黒字にする!と決めて
利益を出すためには何をすればいいか?
たくさん考えました。

そこで見えてきたのは、
売上は上がってるのに
利益がとれてないということ…

そうなると見直すところは、
原価の部分…
材料費だったり外注費だったり
そもそもの見積もり金額だったり

ようは足し算引き算が
しっかりできてるかってとこ

当たり前の様で当たり前にできていないから
会社が赤字になるわけで、
会社がどのくらい利益があれば儲かるかすら
把握できてない状況だったわけです。

数字が大きくなって人の数が増えると、
その管理が難しくなってきて
どんぶり勘定になってしまってました。

見ていたつもりで見えていない…

そこで、うちが絶対必要な利益を算出すると
どうしても外注費を削ったり見積もり金額を
上げていかなければならないのですが、
新しい取り組みをする時は決まって摩擦が起こります。
不満や文句、人の入れ替わりがあります。

特にうちは今まで友達の延長線上みたいな職人さんも多かったので、仕事とプライベートの付き合いの線引きがうまく取れず、お金の話をしづらい雰囲気がありました。
だから職人さんの要求を断れなかったのです。

でもそれは、私自身も職人経験を経て今があるので、その大変さや職人技術の素晴らしさがわかるからこそ、安い金額で仕事をお願いするのが申し訳ないと思っていました。

だけどそうも言ってられないのは事実で、
何のために会社をやってるの?と考えたときに
まずは私たちが好きなモノを作るため!
なのはもちろんのこと、
大切な人たちの夢や生活を守るため!
でもあり、
優先順位をつけるなら
外注さんの生活よりもやっぱり従業員さんの生活を守ることが私にとって大切なんです。
そして私たちの生活も。

だからここはもう、
ビシバシいくしかない!と思いました。

そうするために
付き合いたくない人と付き合う自分
皆んなにいい顔する自分
嫌なことを嫌とはっきり言えない自分

を、手放そうと決めたのです!!

だからごめんね…外注さんたち❤

これからは、
リメイクスタジオの方針に
合わせられる人だけとしか、
お付き合いできません。

というか、しません!!

なので、こんな人は無理!
という人を明確にしておきます❤

自分の損得しか考えてない人
目先のお金しか見れない人
話がしつこくてネチネチしてる人
うちの従業員さんに横柄な態度をとる人
自分の仕事の段取りしか考えてない人
臨機応変に対応できない頭の固い人
自分の失敗を認めない人
素直さがない人

もう本当に
大嫌いです❤(笑)

だから、気をつけてね❤

満月に嫌いなモノを明らかにしてみました❤

事実を明らかに見る❤ということの大切さ。私は私自身を見つめ直す事が一番大切だった❤

2017年2月7日

 

昨年夏ごろからお二人のブログを読み始め、

心底憧れている❤お二人のセミナーに参加し、

そこで得た気づきやその後の成果をブログに

まとめて見ました。

 

継続コース卒業生限定のコミュニティでは

紹介していたのですが、ご自愛と設定変更を

知らない方も見るであろうこちらのブログには

アップ出来ずにいたんです。

 

 

その理由は、

自分の恥ずかくてみっともない部分を

知られるのが嫌だったから。

 

こんな事実を書いたら、

従業員さんに嫌われてしまうんじゃないか?

 

赤字という事実を取引先さんも見ているはずの

コミュニティで公にすることで、

不信感を持たれて信用を無くすかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていた自分にまたまた絶望し、

そこにある設定に気づかされました。

 

 

 

でもさ、隠したって事実は事実。

 

 

それをどう乗り越えたか?のほうが大事。

 

 

 

その乗り越えた事実も事実なわけだし

私は隠すとか出来ない人だし

 

 

今までもそうやって生きてきて

誰も離れていかなかった事実もあるわけで

 

 

だったら

嫌われるかもしれない妄想不安より

失うかもしれない妄想の恐れより

 

 

 

今まで誰も離れていかなかったという

そっちの事実を採用しよう!

 

決めた❤のです。

だから読んでみてね❤

継続コース卒業後の事実①

http://ameblo.jp/remakestudio/entry-12244344878.html

 

 

継続コース卒業後の事実その②

http://ameblo.jp/remakestudio/entry-12245035510.html

 

 

茨城県古河市にお見積もりに行ってきました❤️

2017年1月14日

今日は、茨城県古河市まで
お見積もりに伺いました(^^)

高速で45分、渋滞もなく、
のどかな雰囲気を楽しみながら
ドライブしてきました。

やっぱり田舎育ちの私は、
都会の町並みよりも田園風景のほうが
気分が良いですね❤️

3棟全8部屋
2DKと1LDKのお部屋をリフォームします。

和洋変更と壁紙張替え、床フロアタイル貼りが主な工事内容。

キッチン交換と室内に洗濯機置場を新設するお部屋もあったかな^_^

関係ないけど
ネイル変えました❤️❤️

カラフル❤️❤️

最近ハマっている藤本さきこさんの本❤️

過去の記事一覧

資料請求はこちら お問い合わせはこちら

資料請求はこちら

お問い合わせ電話番号
メールお問い合わせ

このページのTOPへ